So-net無料ブログ作成
検索選択
家庭教師のトライのCM ブログトップ

トライさんについて調べてみました [家庭教師のトライのCM]

家庭教師のトライのハイジのCMにもでてくるトライさんについて、今日はお話してみようと思います。

「トライさん」の評判は?
アルプスの大自然の中にスーツで突然現れるという不自然な登場の仕方から評判となっているトライさんですが、気になっている人も多いと思います。
黒縁ネガネに紺色のスーツで、いかにも頭の良さそうなトライさんですが、トライさんは実は家庭教師の先生ではありません。
トライさんとは、家庭教師の先生とお子さまの授業をチェックし、最適な教育を提案していくカウンセラー的存在の教育プランナーさんだそうです。
お子さまのタイプや能力から目標達成までの学習プランを作ってくれたり、個性に合わせた家庭教師の選定をしてくれたり、また、家庭教師に直接言いづらい要望や不満などもトライさんに相談できるとても頼もしい存在と評判のようです。

「大人のトライさん」って知っていますか?
最近トライのCMで見かけた「大人のトライさん」。
CMの中ではグレーのスーツを着ており確かに家庭教師のトライの「トライさん」よりも大人の雰囲気です。
「大人のトライさん」について、評判や口コミを探してみたのですが今のところあまり見つかりませんでした。
今後は大人のトライさんの活躍にも注目していこうと思っています。


家庭教師のトライのCMはアニメ導入の先駆け [家庭教師のトライのCM]

忍者ハットリ君がインドでも人気なのを最近知りました。

忍者ハットリ君とは「ドラえもん」でお馴染みの藤子不二雄さんの
漫画作品です。ハットリ君という子供忍者が、普通の街の、
普通の子供の家で、その子と一緒にいろいろやっていくお話です。

はっきり言って、キャラ的な設定は、ほぼドラえもんと変わりません。
頭の中でドラえもんを忍者ハットリ君に置き換えてみて下さい。
大体そんな作品です。でもドラえもんとは違った楽しさがあります。
私も子供の頃、大好きでずっと見ていました。

忍者ハットリ君の、漫画のアニメ版が日本でも二十年ほど前に
放送されていました。そのアニメがインドで放送されて、
ブレイクしたそうなのです。

(…何がブレイクするかは本当に分かりませんね。
例えば人間で言えば金さん銀さん。あの二人も100歳でブレイク
するとは夢にも思ってなかったでしょう。
人間、諦めてはいけませんね・笑。)

ハットリ君がインドで人気が出たので、インドでは日本の
電化製品のCMにもハットリ君が採用されているそうです。

忍者ハットリ君がエアコンを売っているのを想像すると
不思議ですが、元々、インドでも親しまれているキャラクターで、
しかも忍者という日本の要素がしっかり詰まったキャラに
「日本のエアコンは良いでござる!」と宣伝させるのは
非常に分かりやすく、効率的だと思います。


アニメのイメージを崩す、と言うデメリットもありますが
アニメキャラを使ったCMは、そのアニメキャラを知っている人の
記憶に残りやすいと思うので、企業側としてはアニメの使用料を
支払ってでも、キャラクターを起用するメリットが十分あると思います。
(アニメキャラのコマーシャル使用料…結構高いそうです。)

特に、忍者ハットリ君だけでなく、他にもいろいろ
「昔のアニメのキャラクター」がアニメに起用されていますね。
購買層が30~70代と言った大人の層とすると、
丁度子供の頃に見たアニメのキャラクターが
あしたのジョーだったり、巨人の星だったりするのです。

購買層にとって懐かしいキャラがCMに出ていると思わず
見てしまいますし、思い出とリンクすることが多いので、
記憶に残る可能性が高いと思われます。

私は30代後半ですが、子供の頃「アルプスの少女ハイジ」が好きで、
毎回見ていましたから、ハイジを起用して評判が立った
家庭教師のトライのCMはつい見てしまいます。

人によって子供の頃の「好きなアニメ」は様々だと思いますが、
子供の頃、流れていたアニメは、好き嫌いなしに、やはり
懐かしいと思います。そう言った感情や記憶に上手く訴えかけた
ものが今時の「アニメキャラを使ったCM」なのだと言えるのでは
ないでしょうか。

nice!(0)  トラックバック(0) 

面白い個別教室・家庭教師のトライのCM [家庭教師のトライのCM]

 近頃、テレビを見ていると、昔懐かしい「アルプスの少女ハイジ」の映像を使ったCMを目にすることが増えていませんか? ハイジたちが、時には少々毒のあるセリフを喋り、勉強に困るような様子を見せると、突然、「アルプスの少女ハイジ」の世界には似つかわしくない、青いスーツにメガネ姿のサラリーマンが走ってきて、ハイジを励ます……このCMが、「家庭教師のトライ」のCMだと知ったとき、私はずいぶん驚きました。

私自身、かつて「家庭教師のトライ」の生徒だった時期があり、「家庭教師のトライ」に親近感を覚えていたためでしょうか。それにしても、ハイジたちの暮らすアルプスの世界観と、「家庭教師のトライ」の世界とを強引に結び付けてしまうとは! 非常にインパクトに溢れるテレビCMだと思いますし、実際に、このCMで「家庭教師のトライ」の存在が心に刻みつけられた方も多いのではないでしょうか。
 
このユニークなCMを手掛けた方は誰だろうと思い、インターネットで検索してみたところ、CMクリエイターの澤本嘉光さんという方のお名前がヒットしました。どうやら澤本さんは、トライのCMの他に、あの白い「お父さん犬」をはじめとした不思議な家族が登場するソフトバンクのCMや、ユニークな形でドラえもんたちが登場するトヨタ自動車のCMなど、誰もが「ああ、見たことある!」とすぐにその存在を思い出せるような、一種センセーショナルなCMを手掛けてきた方のようです。確かに、「アルプスの少女ハイジ」と「家庭教師のトライ」を結びつけたこのCMも、先に挙げたCMたちと似通った世界観のようなものを感じますね。
 ハイジたちが登場する「家庭教師のトライ」のCMは、トライの公式ホームページでこれまでの分を視聴することも可能です。しかしどうしても気になるのが、毎回必ず登場しては、ぞんざいな扱われ方をすることも多い「トライさん」なる人物のこと。もともとはハイジの世界の登場人物ではない彼が、ハイジのアニメに突然登場するからこそ、あのCMは我々の心に残りやすいものだと考えますが、彼は一体、何者なのでしょうか。
 
あの有名な「教えて~おじいさん~」の歌をもじったものとも考えられますが、トライさんの胸には「教えて! トライさん」と書かれた札がついていることがあります。では、トライさんは家庭教師の先生なのか? とも思いましたが、どうやらそうではないようです。「家庭教師のトライ」の公式ホームページに、「トライさんって誰?」というページが存在しますが、これによると、トライさんとは、毎日の学習サポートしてくれる「教育プランナー」という立場の方ということです。

きっとあのCMの後に、トライさんがハイジたちにぴったりの家庭教師の先生を探してくれるのでしょう。


nice!(0)  トラックバック(0) 
家庭教師のトライのCM ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。