So-net無料ブログ作成
家庭教師のトライの料金 ブログトップ

家庭教師の料金と指導方法は比例するのでしょうか? [家庭教師のトライの料金]

家庭教師をお願いしようと考えていても、どの家庭教師会社にしたら良いか分からない。
その大きな理由としては、料金と指導力が比例するのかどうか皆さん悩んでいるからではないでしょうか。

当たり前ですが、料金が安く指導力の高い家庭教師会社を皆さんお探しかと思います。
しかし家庭教師の指導力と料金は、意外にも比例するということをご存知でしょうか。

家庭教師の多くは時給制であり、個人のスキルや経験年数によって給与は大きく変わってきます。
始めたばかりの大学生アルバイトであれば、スタート時給は1,200円前後。
その反対に、カリスマ家庭教師と呼ばれる難関校へと導く講師の時給は、何と1万円を超えると言われています。
このように、講師に支払われる給与はそのままスキルが反映されると言っても過言ではなく、授業料の高さ=高いスキルなのです。
ただしここで重要なこととしては、家庭教師の「授業料」の高さが指導力と比例するのであり、その他の入会金や教材費といった料金は指導力には何ら関係無いということです。

皆さん家庭教師を探す際には、複数の会社に見積もりを貰い、内容や料金を比較することでしょう。
その際多くの親御さんが、見積もりのトータル料金で高いか安いかを判断してしまいがちでしょうが、トータル料金の高さは、指導力とは比例しません。
授業料の高さは講師の時給に反映されるため指導力に直結しますが、それ以外の料金は正直指導力にはあまり関係ないのです。

なかでも高い教材費は、教材の内容が幾ら良かったとしても、それを教える講師のスキルが低ければ何の意味もありません。
その他にも、入会金が突出して高い家庭教師会社の場合、入会金で儲けようと考えているといった悪徳業者の可能性も。
契約前にしっかりと経営状態を確認した方が良さそうです。

ただし家庭教師の「指導法」となるとまた別の話であり、本部のサポート力が指導法に直結すると言われています。
指導法とは、講師のスキルを会社が育てて伸ばしたり、良い指導のノウハウを講師に家庭教師会社が伝授すること。
また、受験の際のテクニックや面接を突破するためのノウハウの伝授も、これにあたります。

受験や勉強のテクニックを教えてくれるサポート体制が整っているということは、それだけ家庭教師会社の本部の運営にもお金がかかっていることになります。
そのため、サービス料やサポート代、はたまた管理費といった形で月々請求される料金が高い程、指導法が良いと言えるでしょう。

口コミの掲示板などでは「家庭教師のトライは管理費が高いけど、手厚いサポート体制が整っている」との評判を見掛けます。
しかし中には、ただ管理費が高いだけで何のサポートも受けられない家庭教師派遣会社もあるようなので、しっかりと評判や料金内訳を見てから契約するようにしましょう。

トライの料金に関する春のキャンペーンについて [家庭教師のトライの料金]

そろそろ新学年の準備も始まる時期となりましたが、家庭教師のトライでは料金に関するキャンペーンを2つ行っているそうです。

1つ目は、入会金0円のキャンペーンです。新しいCMのでもPRしていましたね。
レインボーの「0」は虹なのか、入会金0円の「0」なのか・・・いろいろ突っ込みたくなるCMですが、それだけ心に残るCMです。
トライグループでは春の入会金0円キャンペーンは毎年ありますので、この機会に入会してお得に成績アップを狙ってしまいましょう。

2つ目は授業料が最大30%オフになるキャンペーンです。
トライの通常の料金が1ヶ月20,000円でしたら、14,000円になる計算です。
しかも、個別教室もプロ家庭教師も対象ですので、春の総復習や新学年の準備として、効果抜群なのではないでしょうか。

トライの料金は地域によって授業料が変わるため、きちんとした金額を提示することはなかなか難しいのですが、30%オフでしたら試しに入会してみてもよいかもしれませんね。

2月も中旬となり、4月からの進路も決まってくる頃です。
希望通りの道に進むことができるよう、学習習慣をつけてきちんと学ぶことが大切ですね。

家庭教師は質が高いほど料金も高い?(トライjの評判) [家庭教師のトライの料金]

さて、家庭教師の派遣会社には次の4通りのタイプがあります。「①質は高いが、料金も高い」「②質が高く、料金も安い」「③質は並だが、料金は高い」「④質は並だが、料金は安い」の4つです。世の中の大半の業者は①(名門会など)、もしくは④(トライ、家庭教師のファーストなど)ですが、中には②や③の業者もあります。このことからもわかる通り、質が高いところほど必ずしも料金が高いとは限りません。質がいい割に安いところもあれば、質の割には高いと感じさせるところもあります。

今回は質がよく、なおかつ料金も安い「②」のタイプの業者の見極め方についてお教えしたいと思います。

まずは家庭教師の取り分について。教師の質が高い家庭教師派遣会社は、有能な教師をつなぎとめておくために、授業料に対する教師の取り分を多めに設定しています。家庭教師の取り分は一般的に、授業料の半分程度が相場といわれています。6割以上が取り分となっていれば、おおむね好待遇と言えるでしょう。

逆にあまり教師の質に気を使っていない業者は、自社の宣伝(CM、新聞広告など)に費用を割いているため、教師に回ってくる報酬が少なくなってしまいます。これでは優秀な家庭教師は他の業者に逃げてしまいますし、残るのは質の低い家庭教師ばかり、という事態を招きかねません。知名度はやたらと高いけれど、あまり実績がホームページで紹介されていない業者などには、注意したほうがいいでしょう。

さて、次いで各種キャンペーンについてです。キャンペーンをたくさん行っている業者は、一見質が高く見えますが、実はそれは間違いです。もちろん、中にはキャンペーンに積極的でなおかつ良心的な業者もありますが、実はああしたキャンペーンの多くは顧客を釣るための「餌」として使われています。

CMや広告で大々的に「今なら入会金無料!」などとアピールしておいて、いざ問い合わせると「いやあ、あれは実は○○歳以下の子供さん限定の話でして。お宅のお子さんにおすすめコースは~」などと、広告で紹介したものよりも割高な商品を薦める。よくある手口です。

真に良心的な業者は、こうしたキャンペーンをあまりしません。入会金はいつ入っても同じ、授業料も同じ。こうしたシンプルなプランを掲げているところは、たいていの場合ハイクオリティです。

これらのことからもわかるように、一般的に質が高い業者は料金プランがシンプルです。質が高い管理費や教材費、月会費といった名目で、余分にお金を取ることをしません。そんなことをしなくても自然に人が集まり、入会金と授業料(と交通費)だけでも運営が成り立つからです。

というわけで、質が高い業者を見極めたいのならば、まずはその業者の料金プランを確認するようにしましょう。いくつも探せば、質が高く料金も安い、理想の会社が見つかるはずです。


nice!(3)  トラックバック(0) 

トライプラス料金について [家庭教師のトライの料金]

中学2年生の娘がおり、学校の勉強だけではなかなか追いつかず塾に通わせようといろんな形で探しておりました。
PTA仲間や娘の友達の親御さんなどに聞いたり私自身インターネットで塾選びなどのサイトを見たり。そんな中、個別指導塾という家庭教師トライグループのトライプラスを見つけました。

トライプラスの個別指導塾は教師1人に対して生徒2人で学ぶ対面方式でパーテーションで区切られ一つ一つのブースとなっています。大勢の生徒と一緒に学ぶ集団塾とは違い、家庭教師のようなマンツーマンとも違う新しい形態だと思いました。
集団塾だと途中分からない点があっても子供の性格上聞きづらい感じだと思い、1対2の指導は相手に負けられないと向上心が出て子供にとって良い形なのではと思いました。

そして家庭教師業界最大手のトライが作ったトライプラス、さすが教育理念がしっかりとしています。
学力・やる気の向上・精神的な安心感・適度な競争心と成長に不可欠な成功体験を積み上げる指導・そして人格の成長と子供の学力と同様に人間的にも成長を図れるように考えられています。

そんなトライプラスですが、コース内容も生徒一人ひとりに合ったオリジナルプランを提案して勉強を進めていきますので、料金はその人に応じて、また住んでいる地域によっても異なります。
その家庭の希望に応じて最適なプランを組み立ててくれるのがありがたいですよね。
早速問い合わせしてみようと思います。

nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師のトライとLNSとの違いを料金面で知る [家庭教師のトライの料金]

 家庭教師というと、大学生のアルバイトが多いのでは? という印象をお持ちの方も少なくないかもしれません。しかし、テレビCMでも有名な「家庭教師のトライ」をはじめとして、多くの家庭教師派遣会社には、大学生のアルバイトによる家庭教師の先生以外に、「プロ」の家庭教師の先生も所属しています。そんな多彩な「プロ」の先生を取り揃えている家庭教師派遣会社のひとつが、「家庭教師のLNS」です。
 
そんな「家庭教師のLNS」では、社会人であること・人に教えた経験が豊富であること・面接で適切な人材であると判断されたこと、の条件をクリアした人材について「プロ」の家庭教師であると定義しているようですが、その「プロ」の方の中にもさらにランクを設けているらしいことが、公式ホームページに掲載されている料金システムから分かります。
 
一般的に、家庭教師の料金というものは、生徒さんの学年が上がるごとに少しずつ基本料金が上がってゆくものですが、「家庭教師のLNS」でも小学1年生から高校3年生までの間に、最大で1000円の料金の差がついています。また、先程も述べたような、家庭教師のランクによっても料金が差別化されており、最も基本料金が安いのが、大学生の先生です。さらに上のクラスは「プロ」の先生となりますが、「プロ」の先生の中でも、スタンダード・ハイレベル・トップの3つのランクに分かれており、例えば中学3年生の1時間当たりの指導単価は、大学生が3500円であるのに対し、スタンダードプロは5250円、トッププロともなると8400円と、大学生の倍以上の料金が必要となることが分かります。
 
それでは「家庭教師のLNS」の料金を、大手家庭教師派遣会社「家庭教師のトライ」と比較した場合、どの程度の差がつくのでしょう、と分析したいところなのですが、ここで問題がひとつあります。というのも、「家庭教師のトライ」では、生徒さんの学年や先生のクラスといった要素だけでは料金を確定することができないのです。生徒さんがお住まいの地域、志望する指導コース、その他、教わる教科数や時間など、様々な要素が絡み合うことにより、「家庭教師のトライ」で教わる場合に必要な料金は変わってきます。
「家庭教師のLNS」は、専門の「エデュケーションプランナー」の方が、生徒さんやご家族の方の要望にもとづいて学習プランを立てるという、「オーダーメイドする家庭教師」を売りにしています。しかしながら、「家庭教師のトライ」でも、「教育プランナー」の方が存在し、遜色ない学習プランを練ってくれるはずです。お住まいの地域に派遣可能な先生は、どちらの会社のほうが合っているのか、一度、体験授業や資料取り寄せを行ってみるといいかもしれませんね


nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師のトライを例に「プロ講師と学生講師の違い」(質と料金について) [家庭教師のトライの料金]

 「家庭教師」というと、大学生にとっては花形アルバイトの一種といっても過言ではありません。飲食店などのアルバイトは、時給1000円にも満たないことが多く、また様々なお客様を相手にする中で、クレームに困らされることも多々あります。一方で、「家庭教師」のアルバイトとなると、時給は1000円を超すことがほとんど、所属する大学や学部によっては驚くような時給を貰えることも多々あります。そして、相手にするのは生徒さんやそのご家庭の方と決まっているので、いちゃもんに近いクレームに悩まされる心配もほぼありません。

 しかしながら、生徒さん、あるいは親御さんの側に立って考えた場合、大学生のアルバイト先生というものには、どのような印象を抱くでしょうか。「きちんと授業ができるか心配」「子供の遊び相手で終わらないだろうか」「プロの先生にお願いした方が結果が出るのでは……」そう考えてしまうのももっともでしょう。長年、生徒さんの指導を続けてきたプロの先生と、卒業までの時間が4年間しかない大学生の先生とでは、蓄積されたノウハウに差があるのは当然のことともいえるでしょう。

 大手家庭教師派遣会社の「家庭教師のトライ」にも、プロの先生と大学生の先生の両方が所属しています。公式ホームページ等では料金の差は明確に記載されていませんが、口コミサイトなどを見ていると、やはりプロの先生に授業をお願いした場合の方が、料金が高くなる傾向にあるようです。

 しかしながら、家庭教師の先生に授業を教わる場合というものは、先生の質や実績も大切にはなりますが、最も気にするべきは、生徒さんと先生の相性ではないかと考えます。1対1で授業を教わる・教える間柄であるからこそ、生徒さんの性格や個性を尊重し、それに合わせた学習計画を立て、教え、導くことのできる先生が必要なのではないでしょうか。そうしたことを考えたときに、ある生徒さんにはプロの先生が必要となるかもしれませんが、また別の生徒さんには、年齢も身近な大学生の先生のほうが相性がいい、
ということになるかもしれません。

 勉強というものは、取り組む環境、集中できる環境を作ることが何より必要です。「高い料金を支払えば必ず結果が出る!」と考えるのではなく、「必要な先生に、適正な料金を支払う」と考えて先生を探してみてはいかがでしょうか。「家庭教師のトライ」には、生徒さんの性格や個性に合った先生を探すノウハウがありますし、もしも先生が合わなかった場合にも、無料で新しい先生をお願いすることが可能です。子供さんにとって相性の良い先生を探すためにどれだけの料金が必要か、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。


nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師のトライでみるプロ講師と学生講師の違い(料金や指導について) [家庭教師のトライの料金]

家庭教師のトライには、多くのプロ家庭教師、及び学生家庭教師が在籍しています。しかし、初めて家庭教師を依頼するという方の中には、プロ化帝京と学生家庭教師の差異がよくわからなくて困っている、と言う方も少な駆らず存在していることでしょう。プロ家庭教師と学生家庭教師の具体的な違いとは、いったいなんなのでしょうか?

プロ家庭教師のメリットとデメリットは?

プロ家庭教師とは、文字通りプロの家庭教師です。プロ家庭教師は学歴、指導実績、人間性などが総合的に優れていると判断されたもののみに与えられる称号です。トライの家庭教師の採用率は約39%と言われていますが、その中でもプロ家庭教師になれるのは、ほんの一握りの人間だけです。

プロ家庭教師の一番のメリットは、指導歴がながく、子供の成績の上げ方を熟知していること。子供にあった学習プランをよく考えてくれるので、成績が悪くて困っているという子供にはプロ家庭教師がおすすめです。また、プロ家庭教師はメンタル面が子供の学習に大きな影響を与える事を知っているので、精神的なフォローも欠かさずに行ってくれます。

一方、プロ家庭教師のデメリットはなんといっても費用がかさむこと。プロ家庭教師に依頼するならば、それなりの出費は覚悟しなければなりません。また、一般的にプロ家庭教師は子供と年齢が離れているので、子供が馴染みにくいと言うのも欠点です。ただ、中には歳の離れている先生に習うほうが気楽で良いという子供もいますので、一概にデメリットとは言えないかもしれません。

学生家庭教師のメリットとデメリットは?

それに対して、学生家庭教師の最大のメリットは料金が安いこと。やはり、プロ家庭教師と比べれば、費用は安くおされられることが多いようです。また、学生家庭教師はつい数年前に大学受験を勝ち抜いてきた人なので、自分の体験談やテスト対策など、実践的な生きた話を効くことができるというのも大きなメリットの1つです。また、子供と年齢が近く、親しみやすいのもメリットと言えます。

一方、学生家庭教師の一番のデメリットは、教師の指導経験が浅いこと。学生家庭教師は別に物事を教えることに関してのプロではないので、教師としてのスキルはやはりプロ家庭教師と比べると大きく劣ります。また、学生側にもいろいろと都合があるため、大学での試験や就職活動が始まる時期には、指導を受けられなくなるケースもあります。

このように、プロ家庭教師と学生家庭教師、どちらにもメリットとデメリットがあります。口コミではやはりプロ家庭教師のほうがずっと上だという意見も多いですが、費用対効果の面まで考えれば、安くて済む学生家庭教師も決して負けてはいません。どちらを利用するかはあなた次第。よく考えてから、どちらに頼むか決定しましょう。


nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師のトライ 教師の交代料金について [家庭教師のトライの料金]

いざ家庭教師の先生に来ていただき、勉強を教えてもらったけど、どうも先生とお子さまの相性が合わないなどの問題が起きた場合、先生を交代してもらいたいけど料金が気になる・・・という方もいるのではないでしょうか。

家庭教師のトライを例に挙げてみますと、先生の交代に料金はかかりません。
「この先生とはなんだか相性が合わないなぁ」と思ったら、すぐに交代をお願いするべきです。

成績を上げるために家庭教師に来て頂いているのに、お子さまと先生の相性が悪かったら成績は上がらない事が多いからです。

家庭教師のトライでしたら、全国規模ですし業界一大きい会社ですので、先生の交代もスムーズに対応していただけると思います。また、お子さまと相性の良い先生もみつかりやすいのではと思います。

先生については、お子さまとの相性もありますし、良い先生に当たるかどうかは運任せなところもあります。良い先生に当たるまで先生の交代をしていただける家庭教師センターにお願いしたいところです。

nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師のトライとファーストとの違いを料金で比べてみる [家庭教師のトライの料金]

業界大手である「家庭教師のトライ」と、安い授業料が魅力となっている「家庭教師のファースト」ですが、その違いはどこにあるのでしょうか。
ファーストは授業料の安さが一番の売りとなっており、塾と同程度の価格で家庭教師を付けたいと考えている親御さんに人気があるとのことです。
しかも価格が安いながらも、各悩み別のコースを詳細に設けており、部活との両立コースや有名進学塾に合わせた対策コースなどがあります。
さらには、家庭教師を選ぶ際に非常に重要だと言われている「本部のサポート体制」もしっかりしているとホームページなどには記載されているため、ある意味価格に見合わないサービスを行っているのではないかという声もあるほどです。

しかしやはり安いには安い理由があるようで、本部のサポート体制は、親御さん自らが相談を持ちかけなければ、動いてくれないという声もちらほらと聞こえてきます。
入会時には、電話で本部とのやりとりが綿密に行われるそうなので、授業の進め方や詳しい授業料などについては、安心できるまで説明を受けることができるそうです。
しかし入会した後は、ほとんど本部からの連絡は無く、基本的に家庭教師に任せっきりとのこと。
家庭教師のスキルが高い場合は、他の会社よりも授業料が安い上に学力が上がったということで、親御さんは喜んでいますが、その反対にあまりスキルの高くない家庭教師の場合は、授業料が安い分、そこそこだと思うようです。

このようにファーストでは、家庭教師の力量によって決まる部分が大きく、また講師レベルもまちまちとのことです。
その背景にはやはり「授業料の安さ」があり、授業料が安い分、講師に支払う給与も安いとのこと。
そのため、レベルの高い講師はもっと待遇の良い家庭教師会社へと移動してしまうことも多いようで、そこそこレベルの家庭教師しか残らないという背景もあるようです。

では、同じくサポート体制の充実度を挙げているトライの場合はどうなのでしょうか。
トライでは本部に「教育アドバイザー」と呼ばれるスタッフを各支部に常駐させており、電話やメールだけではなく、対面での三者面談を必須としています。
また、家庭教師がカリキュラムを組むのではなく、教育アドバイザーがお子さんのレベルや苦手分野に合わせて調整を行ってくれるため、三者面談の際もスムーズに話が進むとのこと。
もし三者面談で親御さんから家庭教師への不満が出た場合は、すぐにアドバイザーと家庭教師の間でも面談が行われるため、非常にサポート体制は良いと言えるでしょう。

実際トライに入会している方たちの口コミのなかで一番評価が高い部分は、「サポート体制の良さ」。
また、家庭教師レベルも本部指導がしっかりと行われているために、一定に保たれているようです。
授業料はファーストと比べると高いかもしれませんが、サービスやサポート体制は群を抜いて良いとのことですので、価格とサービス内容を比較して、どちらが良いかを決めると良いのかもしれませんね。

トラックバック(0) 

家庭教師のトライと一橋セイシン会との料金面での違い [家庭教師のトライの料金]

今回は一橋セイシン会と、家庭教師のトライの違いについて、いろいろと調べていきたいと思います。

まずは料金制度についてですが、どちらも月謝制です。両者ともにかなり料金体系は複雑です。一橋セイシン会は、講師を学生講師とプロ講師の2つから選ぶことができます。当然、プロ講師の方が料金は割高(約5割増)になりますが、より実績があるのはもちろんプロ講師の方です。

家庭教師のトライと一橋セイシン会の違いは?

家庭教師のトライは、学年ごとに細かく月謝が分けられています。基本的には進級するほど月謝も高くなっていくので、長く利用するのにはあまり適していないかもしれません。

続いて対応地域。家庭教師のトライは、全国どこでも基本的に対応できます。一方、一橋セイシン会は、対応地域は東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城の一部など、関東に限定されています。一橋セイシン会にかかわらず、出張範囲が首都圏のみという家庭教師業者は少なくなく、地方の人にとってはやはりトライは頼りになる存在のようです。

一橋セイシン会の講師の合格率は10%

また、講師の採用率ですが、一橋セイシン会の合格率はなんとわずか10%だそうです。トライは39%とこちらも高くはないのですが、やはりこうしてみると一橋セイシン会の採用率の低さが目立ちます。一橋セイシン会は講師の学力、指導力だけでなく、人柄や責任感を特に重視しているそうです。

確かに、家庭教師は学校教師と違って1対1で授業をするわけですから、人柄の占めるウェイトはどうしても重くなります。人柄や責任感に優れた講師を採用するのは、合理的な判断だといえるでしょう。

最後に、一橋セイシン会のポイントについて。一橋セイシン会は、実は首都圏では唯一の私立専門の家庭教師です。家庭教師のトライが公立、私立ともに分け隔て請け負っているのとは対照的ですね。

私立校は学校によって授業のスピードも質も全然違います。のんびりと学習を進めるところもあれば、高校2年までにすべてを履修し終えて、3年としての時間は大学受験対策につぎ込むという学校もあります。そのため、私立の学校に合格するには、公立に合格するよりさらに綿密な学習計画を立てる必要があります。

こうした学習計画は、一人で多くの生徒の面倒を見なければならない塾講師や学校教師ではたてられません。1対1で向き合える家庭教師が、計画を立てるのに一番向いています。私立の家庭教師を頼むなら、一橋セイシン会の利用を検討してみてもいいかもしれません。


トラックバック(0) 
家庭教師のトライの料金 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。