So-net無料ブログ作成
検索選択
家庭教師のトライの学習法 ブログトップ
前の10件 | -

正しい学習習慣で勉強の効果を上げる! [家庭教師のトライの学習法]

夏休みも大半が過ぎ、そろそろ新学期が始まって受験の季節となり、緊張感が漂ってきましたね。
ほとんどのお子さまが高校受験で初めての受験を迎えるため、中学生になると平均学習時間は長くなります。

勉強時間と結果は比例しない


ある教育機関の調査では、家庭学習時間の平均は、小学5年生 81分、中学2年生 90分、高校2年生 70.5分と、やはり高校受験を控えた中学2年生の勉強時間の平均は最も長いようです。
しかし、勉強時間というのは長ければよいものでもありません。
クオリティの低い学習をしていても効果はなく、集中してクオリティの高い学習をすることができれば短時間でも学習効果は上がっていきます。
どうやって勉強したらいいかわからないままで、なんとなく勉強をしていては良い結果は残せないのです。

最も効果の出る学習法で勉強することが重要


トライに寄せられている子供たちからの評判の中には
「勉強のやり方がわかるようになった」
「最初は長い時間勉強するのは苦手だったけど、少しずつ勉強の癖がついた」
という声も多数寄せられています。

トライの先生は自分の担当する子の性格や特徴をしっかり分析し、個々に合った学習法を考えてくれるので、勉強方法も身につけやすく、それに伴って結果となる成績もアップしてくるので、どんどん勉強への意欲が湧いてきたとの口コミもあります。
ホームページで笑顔でガッツポーズをする子供たちを見ていると、「この笑顔が結果を物語っているんだな」とひしひしと感じることができます。

Try IT 高校生版がスタート! [家庭教師のトライの学習法]

話題の映像学習Try ITから高校生版がスタート!


テイラースイフトの楽曲を使用したCMでも話題を集めている、家庭教師のトライの新しい学習サービスTry ITからとうとう高校生向けの授業の配信が始まりました。
高校生というと、大学受験に向けて予備校に通ったり、志望校の過去問をひたすら問いたり・・・そんな勉強の仕方しか思いつかない私ですが、現代の勉強法では、無料で有名講師陣の映像授業を見て学ぶというのが主流になってきているのかもしれませんね。

Try ITは家庭教師のトライに入会していなくても利用できる?


家庭教師のトライが始めた新サービスなだけに、家庭教師をつけている人だけが映像授業を無料で見ることができると勘違いしている人もいるかもしれません。
Try ITは、家庭教師のトライに入会していない人でも、無料で映像授業を見て学習することができるそうです。
びっくりしますよね。それって本当にタダってことじゃないですか。
何をするにも有料会員登録が必要となっている時代に無料で勉強できるアプリを提供するなんて、さすがです。
ただし、質問をする場合には一回500円がかかりますので、気をつけて下さいね。

 ・わからない箇所はまず学校の先生に聞いて、それでもわからない場合だけトライさんに質問する。
 ・毎月質問しても良い数を決めて(500円×○回)質問する。
 ・文章問題の難解な問題だけ質問する。(回答やわかりやすく説明してもらった内容を保存しておきたいため)
など、それぞれの家庭でルールを決めておくと良いかもしれませんね。

新サービス 「Try IT」の活用方法 [家庭教師のトライの学習法]

今回は、家庭教師のトライの新サービス「Try IT」の活用法や評判について調べてみました。

自宅で、電車で、バスで、有効活用!


Try ITなどの映像学習サービスは以前からありましたが、学校以外の学習の場はもっぱら塾や予備校でという人が多いと思います。
Try ITでは学校や塾などの場所に縛られず、学習できるという利点があります。
と言っても、電車やバスの中で数式を解くのは困難ですし、英語や国語の長文読解も数分間のバスに乗っている間に回答するのは難しいですよね。電車なんて乗り過ごしてしまいそうです。

では、どのように使ったら一番有効なんだろう?と思い調査してみたところ、「時と場所によって学習する科目を変える」ことが重要のようでした!
世界史、日本史など暗記科目は流して聞いているだけでも頭に入ってきますので、通学時を利用して学び、ノートをとる必要がある科目や複雑な計算を必要とする問題などは自宅でじっくりという形です。

また、映像学習の良いところは、「学校の勉強の予習復習で」、「塾や予備校の勉強のサポートとして」、「映像学習メインでこつこつと」など、色々なパターンの勉強法があるということです。
自分の性格や生活スタイルに合わせた使い方ができますので、自分のベストの使い方で成績アップを図ってみてくださいね。

トライの性格診断 [家庭教師のトライの学習法]

2015年も明けまして、とうとう受験まっただ中の時期となりました。
明日、明後日に第一志望校の受験を控えたお子さまと親御さんもいらっしゃるでしょう。
もうここまできたら、最高のコンディションとポテンシャルでその日を迎えることができるよう尽力するのみですね。

家庭教師のトライでは、受験を成功させるためのプロの逆転合格コースを1月31日まで受け付けています。
最後まであきらめたくない人にオススメの受験直前のコースです。

また、受験生以外の人には、お試しとして4回短期コースの冬トライを入会金無料で受講することができます。
学年末テスト、新学年の準備、1年間の総復習として、力を入れたい教科や苦手教科を受講してみるのもよいかもしれません。

家庭教師のトライでは、性格タイプを9つに診断し、お子さまの性格に合わせた最適な学習方法を行うため、効率的に学力を上げることができます。トライ式性格診断テストは、家庭教師のトライの公式HPから簡単に診断することができますので、是非やってみてください。また、この性格診断ではアルプスの少女ハイジにでてくるキャラクターで性格タイプを分けていますので、ハイジのファンの人や興味のある人は診断してみると楽しいかもしれません。

合格までのラストスパート [家庭教師のトライの学習法]

年の瀬もせまり、受験生にとっては大事な一日一日を過ごされていると思います。
入試本番まで残りわずかとなり、今までの学習成果を得点力へとつなげていくことが大切となる時期。
確実に点数を取るためにどのような方法で勉強したらよいのでしょうか。

受験直前になると、お子さまも親御さんもナイーブな状態になってきますので、コミュニケーションが難しくなってきます。
自分が受験するわけでもないのに、「大丈夫だよ」と無責任にお子さまに声を掛けることもできませんし、どんなに勉強しても不安の塊となっているお子さまにどんな言葉が届くのか、困っていらっしゃるご家庭もたくさんあると思います。

そんな親御さんやお子さまの不安を解消してくださるのは、プロの家庭教師かもしれません。

家庭教師のトライのプロの逆転合格コースでは、残された限りある時間の中で「やるべきこと」と「やらないこと」を明確にし、現状に合わせた合格プランを描き、最短距離での合格を目指します。
ラストスパートは、プロの家庭教師から合格を確実なものとするための「ノウハウ」や「テクニック」を学び、また受験する学校の入試傾向に合わせた一人ひとりの対策を作成して頂くことで、不安解消につながるのではないかと思います。

ラスト50日で合格を目指すプロの逆転合格コースは、入会金無料で申し込むことができますので、ラストスパートとして考えてみるのもよいかもしれません。

家庭教師のトライ<一人一人に合った学習法とは?> [家庭教師のトライの学習法]

家庭教師のトライの性格診断とは>
塾や学校で一生懸命勉強しているのに、成績が上がらない・・・こんな話をよく耳にします。
親としては塾にも通わせているし、家でもきちんと勉強をしている、それなのになぜ成績が上がらないの?と不満に感じてしまうかもしれません。
上記のような成績が上がらない悪循環に陥っている場合、効率良く学習ができていない可能性があります。

家庭教師のトライでは、性格診断で子供の性格を9タイプに分けて、個々の性格に合った学習法を提案してくれます。
塾や学校では一人ないし二人の先生に大勢の生徒、という環境で学習します。先生は一人一人が理解したかどうかを確認することはせずに授業を進めていき、解らないところがある生徒は自主的に質問するという形になります。
このような学習形態は、自主的に行動できる子にはとても向いていますが、勉強が苦手で質問ができない子には不向きだと言えます。また、周囲に流されがちな子は友達とおしゃべりしてしまったり、勉強に積極的になれない子には向いていない環境と言えます。そのようなお子さまには家庭教師の方が向いています。
子供にとって大切なのは勉強する習慣をつけるということと、勉強が楽しいと思えるような環境を作ることが一番大切です。

また、トライにはトライ式学習法と言われる脳科学理論を応用した復習方法で、勉強した知識をしっかりと脳に記憶させる学習法があります。
これらを組み合わせることによって子供のやる気がアップし、結果的に効率の良い学習を行えるのではないでしょうか。

勉強が出来るようになる方法(トライの学習法). [家庭教師のトライの学習法]

勉強するにあたって、大事なのは「復習」することです。

余程、集中力ある場合以外、大抵の人は、
一度聞いた位では忘れてしまいます。
授業もそうです。

記憶力がずば抜けた人なら一回で覚えられるかも知れませんが、
ほとんどの人は、一度の授業では、授業内容を全部覚えてしまうのは
不可能でしょう。
やはり、復習することで、覚えていくのです。

では、復習とは具体的にどうやってするのでしょう。
インターネットでいろいろ調べてみました。
その中で、家庭教師のトライのページが
一番具体的に書いてあったので、
一部紹介させてもらいます。

反復練習など、スタンダードな学習法の中に
「復習法」と言うものがあります。
その「復習法」の中にも3つの種類がある、と
家庭教師のトライのページに書いてありました。

まず一つは
「ロビンソンの法則」
勉強が終わったら、すぐに学習内容を思い出す方法。
勉強をした後1時間くらいたったら、すぐ復習して思い出す、
というやり方です。

そして「エビエングハウスの法則」
夜寝るまでに復習する方法。
反復することで、脳に記憶を残していく復習法です。

最後に「リハーサル法」
次の日に、何も見ないで、問題なども解いていく方法。
これをすることで脳に記憶が定着していくのです。

トライではこの3つを同時に実践することで、
勉強が出来るようになり、成績もアップする、
と言う復習法をとっているようです。

確かにこの3つをすると覚えられそうです。

そしてこの復習法は、勉強だけでなく、
お花のレッスンやスポーツにも応用できそうです。

例えばお花のレッスンでリースを作ったとします。
(リースというのはお花やリーフで作った、丸い飾りのことです。
クリスマスリースが有名ですね)

その後、「自分一人でリースを全部作ってみて」と言われても、
一回作っただけでは、なかなか、自分一人で全部完璧には作れません。

しかし、レッスンが終わった後、自宅に帰ったらすぐに、
作り方のポイントなど復習し、その日、寝る前に、
もう一度作り方の順序など紙に書いて覚え、
翌日、もう一度作ってみる…。
これで随分、完璧に作れる日に近づくと思いませんか?

スポーツもそうです。野球を体験教室で習ってきて、
帰ったらすぐにボールの投げ方を習った通りにやってみて、
そして寝る前にも、ポイントを書き留め、
翌日も投げてみる…。
やはり、かなり身につきそうです。

以上のことをふまえて考えてみますと、子供の頃に必要な
勉強法や復習法は、大人になっても自分をずっと助けてくれそうです。

ですから、自分の子供が、勉強の壁にぶつかった時は、
「大人になっても役に立つよ、絶対に!!」
と励ましてあげると良いですね。

小学生に「勉強習慣」を身につけさせる技(塾かトライのような家庭教師か [家庭教師のトライの学習法]

自然と身についた「勉強習慣」は一生、自分を助けてくれます。
実際大人になっても仕事のために勉強はしないといけません。
しかし勉強する姿勢や習慣が、染みついていれば
そんなに勉強も苦しくありません。

勉強習慣が体に染みつく為には、
長い間の「勉強し続ける習慣」が必要です。
ですから、子供が大人になっても勉強で苦労しないためにも、
小学生の頃から、勉強する習慣が身につくよう、
育ててあげるべきです。

ですが、小学生…特に低学年の子に
勉強習慣が自然と身につく程、勉強しなさい!と言っても
なかなか難しいでしょう。

だからといって、親も忙しいですから、
付き添って勉強を教えてあげる、と言う訳にもいきません。

塾か、家庭教師の力を借りながら、
少しずつでもイスに座って、90分間なら90分間、
集中して勉強する練習をすると良いでしょう。

いきなり沢山は難しいので、週1回などから始めると良いと思います。

家庭教師のトライを例に挙げますと、
週一回OK,「国語なら国語だけ」と言う一教科OK,
時間も早朝から深夜まで対応…など、
非常にニーズに合わせてくれます。
無理なく授業が受けられるでしょう。

そして夏休みだけ、と言うコースもありますので、
「夏休みの宿題が心配…でも見てあげる時間が無いわ」
と言う状況でしたら、夏休みだけ来てもらって、
宿題を一緒にしてもらう…ということも出来ます。

毎年、「夏休みの宿題は、完璧に出来ている!!」と言うのは
子供にとって大きな自信に繋がるでしょう。
そして「休みの間も勉強する」と言う習慣が身につきます。

又、勉強習慣の為に大事なことは、
「苦手を無くしてあげる」ことです。
分数が苦手…と思っていると、算数自体が苦手になり、
勉強そのものも億劫になってくる、と言う悪循環を
断ち切らないといけません。

とにかく、勉強習慣を身につけ、
勉強が苦にならない、と言う姿勢を身につけるためには
「勉強=楽しい」が成り立たないといけません。

「内容がよく分かる」
そして、「良い点が取れる」と言う状態が続けば
自然と「勉強って楽しいな」と思えるのです。
そのためには苦手克服も重要なのです。

最近は塾も家庭教師も
「苦手教科のみ特別授業」と言うのがあります。

引き続きトライを参考にしますと
小学生用に
「国語の『読解力養成コース』」
「算数の『苦手単元克服コース』」
などがあります。

「算数の中でも、どうしても分からない分数だけ重点的に習う」
と言った部分的な集中レッスンで苦手な部分を無くしていきます。

最近は、個別指導塾なども、
細かく、希望を聞いてくれます。

通いやすさや子供の好みなども考慮に入れつつ、
塾か家庭教師かを決め、勉強する環境を整えてあげて、
是非「勉強習慣」を身につけられるよう、育んであげて下さい。


nice!(4)  トラックバック(0) 

最高の勉強法は?(トライの学習法) [家庭教師のトライの学習法]

大人になって気がついたことが、一つあります。
それは「何歳になっても、覚えないといけないことがある。
すなわち勉強しないといけない。」
と言うことです。

子供の頃は「大人になったら勉強しなくていいんだ」などと
思っていましたが、働くためには
仕事を覚えないとなりませんし、
ステップアップのために資格を取りたい、と思ったら、
勉強して試験に受かるしかありません。

と言う訳で、
「大人になっても勉強しなくてはならない」のです。
勉強が嫌いな自分としては、残念なことです。
自分だけでなく、多くの人がそうでしょう。

しかし、子供も大人も関係なく、勉強するしかないなら…
勉強は甘んじてします。
(甘んじて、と言うのは可笑しいですが。苦笑)
でも、「極力勉強時間を減らして、睡眠時間や
ネットをする時間に回したい!」と思います。
これは自分にとっての夢であり、大部分の人の夢でしょう。

それで考えましたが、とにかくこの夢を叶えるために肝心なのは
「自分に合った学習法を見つけ出して、
勉強にかかる時間を短縮すること」です。

人によって、ベストな学習法は違います。
ずっと前テレビで、動物好きで有名なムツゴロウさんが
サウナでスタッフに英語を教えていました。

ムツゴロウさんにとってはサウナで勉強するのが
効率の良い学習法なのか、と衝撃を受けました。

自分はサウナが苦手なので、サウナで勉強など、
暑くてとても頭に入りそうにありません。
人によって本当にそれぞれだな、と深く思いつつ、
他の学習法を探しました。

そんな中、家庭教師のトライが自社のホームページ
詳しく学習法をのせていたので、参考にさせてもらうべく、
読んでみました。

いろんな学習法の中で、一番感心したのが
「『勉強内容を口に出して説明する』学習法」です。
例えば「三権分立」について勉強しているとき、
誰もいなくても、説明する相手がいる、と仮定して
「三権分立って言うのはね、立法・司法・行政が…」
と説明してみる、と言う学習法です。

いわゆる「エアー説明」です。これは良い、と思いました。
説明というのは、内容が余程分かっていないと出来ません。
説明するためには、かなり詳しく具体的に勉強する必要があります。

そして「口に出す」と言うのが、有効だと思います。
自分は学生の頃から、英単語など、
ひたすら口に出して覚えていました。

(ちなみにトライでは授業中、
先生が教えたことを生徒に説明してもらう、と言う、
まとめや反復を兼ねた学習内容のようです。)


口に出して説明することで、更に記憶に残りそうです。
ちょっと恥ずかしいですが、一人で実践してみよう、と思いました。

nice!(3)  トラックバック(0) 

こんなに沢山の勉強方法があります(トライの学習法) [家庭教師のトライの学習法]

「自分に合った勉強方法が見つからない…
もっと効率よく勉強して、学習時間を短縮したいのに」
と、思っている人も多いでしょう。

では、自分に合った勉強方法を見つけるためには
どうしたら良いでしょうか?
…実際いろんな学習法をやってみるしかない、と私は思います。

人によっては英単語を覚える時、
単語帳に単語を書いて、何回も見て覚えるタイプ、
又、コピー紙などに、びっしり書いて覚えるタイプ…と
様々です。

今、いろんな勉強方法があります。
数多くの勉強方法を提案している家庭教師のトライを
参考にしつつ、独自の考察をしてみました。


①内容を口に出して説明する
人に分かってもらえるように、説明するのは難しいです。
説明するために、「説明できるだけの知識」が必要なので、
「覚えようとしている事柄を口に出して説明する」と言う
練習をしていると、自然に知識が身につきます。

②性格に合わせた学習
人によって性格は千差万別です。
自分でご褒美を設定しておいて、それから勉強した方が
頑張れる人もいるでしょう。
(例えば、「二時間勉強したら、アイスが食べられる」と
自分で決めてから勉強するなど。)

ご褒美より、「勉強しなかったら、ランニング10周!」などと
厳しく罰を設定した方が、勉強できる人もいると思いますので、
自分に合った方法を見つけて、確立して下さい。

③反復練習
何度も繰り返す方法です。
習ったその日だけでなく、出来れば毎日、ちょっとで良いので
読み返したり、問題を解き直すことで覚えていきます。

④速読訓練
早く読むことで、効率を上げていきます。
小論文の試験など、まず、長い文章を読んで
それから問題を解く…と言うタイプの試験も多いです。
速読は意外に、様々な場面で役に立つと思います。

⑤学習環境を整える
騒音のシャットアウトなど、
勉強しやすい環境を作ることも大事です。
特に注意力が散漫な人は、学習環境の整備は
重要でしょう。

⑥復習
何度も確認していくことは、
スタンダードな学習法ですが、効果が高いと思います。

⑦効率的な勉強時間設定
昼の1時頃など、眠くてたまらない時間は
あえて勉強せず、他の時間で集中する、など
自分に合った時間を見つけて勉強しましょう。

家庭教師のトライでは上記の学習法を、家庭教師の先生が
一緒にしてくれるようです。効率が良さそうですね。

しかし「家庭教師が雇えれば最高だけれど、なかなか…」と言う人が
大半だと思います。
「これが一番覚えられるなぁ」と思う勉強方法が見つかるまで、
あれこれ自分で試して見て下さい。
きっと一番合う勉強方法が見つかると思います。

nice!(3)  トラックバック(0) 
前の10件 | - 家庭教師のトライの学習法 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。