So-net無料ブログ作成
検索選択
トライ以外の家庭教師 ブログトップ

トライ以外で有名な家庭教師会社ってある? [トライ以外の家庭教師]

家庭教師と聞くと咄嗟に「トライ」と出てしまう程、
CMの影響もあってかダントツに有名な会社はトライではないでしょうか。

しかし世の中には、中小合わせると星の数ほど
家庭教師会社があると言っても過言ではありません。
何となく家庭教師はトライというイメージがある方も多いようですが、
では実際に受験生を持つ親御さんたちの間では、
評判・口コミ・料金面で
トライ以外にどのような家庭教師会社が有名なのでしょうか。

全国展開している家庭教師会社で有名どころといえば、教材でも有名な「学研」や一部上場企業の「名門会」、そして全国展開でありながらも地域性を重要視している「KATEKYOグループ」、人気ランキング上位の「学生家庭教師会」などがあります。

それぞれの特色としては、学研は安心感のある学研ブランドが、親御さんたちに人気とのこと。
名門会やKATEKYOグループも業界大手ではありますが、ネームバリューの高い学研はやはり強いようです。
しかし、名門校や難関校を受験する方に人気があるのは名門会であり、プロ家庭教師のみを派遣する点が受けているようです。

そして名門会と同じくプロ家庭教師のみに特化した中堅企業としては、「プロ家庭教師のLNS」も有名どころ。
次いで西日本エリア最大手の「プロ家庭教師のディック学園」もプロ家庭教師に特化した会社であり、西日本ではトライよりも有名と言えるかもしれません。

中堅企業のなかにはその他にも、現役東大生講師を派遣してくれる「東大家庭教師友の会」や、関東エリアのみで展開する「合格王」なども有名です。
一般認知度は低いかもしれませんが、教育業界内や受験生を持つ親御さんのなかで有名な家庭教師会社としては、「スタンダード」「あすなろ」「ベスト」なども良く挙げられる会社でしょう。

このように有名どころの家庭教師会社は意外に多く、その他にも勉強が苦手なお子さんを対象とした家庭教師会社や、不登校の生徒を対象とした会社など、ニッチな部門では有名な会社もあります。
これらの会社は、様々な口コミサイトや家庭教師会社比較サイトでその評判を見ることができるため、家庭教師会社を選ぶ判断材料にすると良いかもしれません。

また、家庭教師を口コミや総評などでランキング付けしたサイトも多数ありますので、これらを見ると有名どころの家庭教師会社が一目瞭然です。
やはりトライや学研のように名実ともに人気の高い会社は上位に位置付けていますし、聞いたことの無い会社であっても、上位にランクインしている会社は業界内では有名どころと言えるでしょう。

名前の上がっている家庭教師会社は、その評判などを聞くと
やはりクオリティーが高いように思います。
料金を支払って効果が得られるか、それは生徒との相性のようなものもあるので
実際に成績が上がったら、そこが一番いい家庭教師会社ですよね。

プロ家庭教師の名門会と家庭教師トライとの違い(講師や内容について) [トライ以外の家庭教師]

プロ家庭教師の名門会とは、2003年に設立された会社で、個別指導塾や幼児教育事業など幅広く教育関連の事業を手掛けている「リソー教育グループ」に属する会社です。名前の通り、所属する家庭教師の先生は全て「プロ」であり、大学生のアルバイトさん等は採用していないようです。まずここが、家庭教師のトライとの大きな違いでしょう。

 もちろん、家庭教師のトライにも「プロ」の家庭教師の先生は所属しています。しかしながら、どちらに在籍している「プロ」の家庭教師の先生の方が質がいいのか、といった点について比較することは、簡単ではないでしょう。家庭教師の先生の質を決めるのは、合格実績などはもちろん関わってはくるでしょうが、やはり一番大切なのは、指導を受ける生徒さんとの相性が良いか、という点だからだと考えるためです。そして、その点について重視するならば、大学生のアルバイト先生は質が悪い、とも言いきれなくなるのです。なぜならば、年齢の差が大きい「プロ」の家庭教師の先生よりも、身近な存在として感じられる大学生のアルバイト先生の方が、生徒さんによっては勉強を教えてもらいやすく、また志望する大学に通っている先生であればなおさら、受験への刺激になる可能性があるためです。

 さて、所属している先生の話が続きましたが、それ以外に、プロ家庭教師の名門会と、家庭教師のトライとの違いはどのようなものがあるでしょう。ホームページ等を見比べていると、プロ家庭教師の名門会は、家庭教師の先生から授業を受ける場所として、自宅のほかに、駅前教室の個別指導ブースを選ぶことが可能なようです。駅前教室には個別指導ブースのほか、自習室もあるようなので、家だと勉強に集中できないという生徒さんには良い環境かもしれません。ただ、生徒さんの年齢が小さいうちは、帰りが遅くなる場合などが心配ですね。そうしたときは、やはり家庭教師の先生をお願いする大きなメリットとなる、自宅に先生を招いての学習、を選ぶと良いでしょう。自宅で学習する習慣が新しく身に着くならば、それにこしたことはありません。
 
一方、家庭教師のトライにあって、プロ家庭教師の名門会にない大きな特徴とは、家庭教師のトライの「教育情報センター」が挙げられると思います。家庭教師のトライは、設立から20年以上が経つ、歴史のある会社ですが、この「教育情報センター」では、これまでに90万人以上の生徒さんを指導してきた家庭教師のトライが所有している学習法のノウハウや、日本全国あらゆる地域の、最新の受験情報などが蓄積されています。そのため、お住まいの地域から離れた学校を受験しようと考えている生徒さんにも、新鮮で有益な情報を届けることが可能なのです。これは全国で実績を積んできた家庭教師のトライだからこそできることでしょう。


nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師トライと東大友の会との違い(質と料金面からの比較) [トライ以外の家庭教師]

難関校を目指している方の場合、家庭教師の質は最重要事項ではないでしょうか。
なかでも「東大友の会」はその名の通り、現役の東大生講師を中心に、高学歴の学生を揃えている家庭教師会社です。

こちらの特徴は、なんといっても学生講師のみを派遣しているとあって、高学歴講師でありながらも圧倒的に料金が安いところにあります。
家庭教師には「プロ講師」と「学生講師」の二種類がありますが、時給の安い学生講師の方が月々の授業料も安いのです。
そのため、安い料金で高学歴の講師をお願いしたい方たちに向いている家庭教師会社が、東大友の会なのです。

そして同じく高学歴講師を派遣してくれる、家庭教師会社最大手の「家庭教師のトライ」。
こちらは学生講師とプロ講師の二種類を選ぶことが可能ですが、どちらも東大友の会と料金面から比較すると、かなり高めの料金設定となっています。

入会金にしても、東大友の会は14700円、トライは42000円と両者には大きな開きがあります。
そのため、同じ現役東大生講師を派遣してもらうのであれば、断然東大友の会の方が安くて良いと皆さん考えるかと思いますが、実は同じ現役東大生講師であっても、派遣される会社によって授業レベルが違うことをご存知でしょうか。

トライの場合は、採用試験の際に学歴以外にも、人間性やコミュニケーションスキルなども重要視されます。
そのためいくら学歴が高くとも、講師向きではないと判断された場合には、不採用となるようです。
不採用となる人物像とは、一般常識が乏しく、また学力は高くとも教える能力が低い人の事を指します。
なかでも高学歴であればあるほど、自分が勉強が得意であるが故に、勉強が苦手な生徒の気持ちが汲み取れない人も多いとのこと。
つまり、幾ら講師本人が高学歴であっても、教え方のスキルが低ければ何の意味もないのです。

しかし東大友の会では、採用時に学歴を最重要視しているため、なかには講師向きではない人材もいるとのこと。
また、授業方針も学生に一存しているため、講師レベルがそのまま授業レベルに直結してしまうのです。

このように幾ら料金が安くとも、講師レベルにばらつきがあるようでは少々問題でしょう。
そのためトライでは、採用した学生を育成することから始めるようです。
マナーを含めたご家庭でのあり方はもちろん、指導方法も徹底的に教えられ、その講座を修了して初めて家庭教師として派遣されるようです。

つまりトライの料金が高い理由は、このような講師の育成料や指導料が入会金などに含まれているからであり、全て講師任せの東大友の会の料金が安い理由にもここが関係しているのでしょう。
ただ、東大友の会では何度でも体験授業を5250円で受けられるため、気に入った講師と出会えるまで入会しなくても良いというメリットもあります。

トライの場合は体験授業は行っていませんが、本部の教育プランナーと呼ばれるスタッフが、生徒の学力や性格を分析して、最適な講師を派遣してくれるとのこと。
もちろん気に入らない際には無料で講師を交代してもらうことも可能ですので、全てを本部にお任せしたい場合には、トライの方が良いのかもしれません。

nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師のトライ・LNS・学研の家庭教師をそれぞれ比較してみると? [トライ以外の家庭教師]

最近ではネットで家庭教師会社を比較することのできるサイトもありますし、家庭教師会社を利用した方たちの口コミを見ることもできます。
そのため多くの親御さんたちは、これらのサイトを参考に家庭教師探しを行っているようですが、比較サイト自体が多く存在するために、非常に迷ってしまうようです。

まず、家庭教師ランキングの上位に常に入っている会社の多くは、全国展開しているところが多いといえます。
地元密着型の企業の場合、地元の高校・大学の受験情報に強いといった魅力はありますが、やはり安心感や抱える講師の数を考えると、大手の会社に軍配が挙がるようです。
なかでもランキング上位の常連といえば、「家庭教師のトライ」や「家庭教師のLNS」そして「学研の家庭教師」などです。
これらの会社は高額な教材を販売しない・合格実績があるなどの理由で人気がありますが、各社様々な特色や傾向があるため、口コミを覗いてみることをおすすめします。

なかでもLNSと学研は正反対とも言うべき家庭教師会社のため、どのような目的で家庭教師をお願いするのかを、まずは決める必要があるでしょう。
LNSはプロ家庭教師と呼ばれるスキルの高い家庭教師集団のため、難関校を狙う生徒をターゲットとしています。
その反対に学研は、学校の授業についていけないなど、あまり勉強が得意ではない生徒を中心に運営しているようです。

これらのタイプの家庭教師会社の口コミを覗いてみると、やはり難関校を狙う場合は授業料が高くなるようで、塾と併用して利用している家庭も多いとのこと。
その反対に、勉強が苦手なお子さんが利用する家庭教師会社の場合、料金が安ければ安いほど講師の質も本部の対応も悪くなるという傾向が見られます。
そのため、単に料金で比較するのではなく、企業体質を見極める必要があるのかもしれません。

また、口コミで良く見られるものとしては、「本部がサポートしてくれない」というものです。
多くの家庭教師会社では本部の手厚い対応を売りとしていますが、広告内容と実態が伴っていない企業が多いとのこと。
契約するまでは頻繁に連絡があったのに、契約したとたん何の連絡も無くなったというケースも多々あるようなので、この点も評判などで確認する必要があるでしょう。

その点、どの家庭教師ランキングでも1位又は上位にランクインしているトライの場合、多くの口コミで「本部サポートが非常に手厚い」という口コミが見られました。
なかには対応が少々面倒臭いほど親身になってくれるという意見もありましたが、家庭教師の要とも言える本部サポートが手厚い企業だからこそ、人気があるのかもしれませんね。

nice!(0)  トラックバック(0) 

家庭教師トライとプレステージとの違い [トライ以外の家庭教師]

「プロ家庭教師のプレステージ」は、その名前の通り、プロの家庭教師の先生だけを派遣してくれる家庭教師派遣企業です。「学研の家庭教師」のプロ部門と言うべき位置づけで、「学研の家庭教師」を含めると、経営は25年以上続いていることになるようです。

 さて、「家庭教師のトライ」と「プロ家庭教師のプレステージ」を比較したとき、真っ先に二つの会社の違いとして挙げることができるのが、所属する家庭教師の先生についてでしょう。先述したように、「プロ家庭教師のプレステージ」は、プロの家庭教師の先生のみが所属している、すなわち大学生のアルバイトなどは在籍していないのが大きな特徴ですが、「家庭教師のトライ」には、大学生のアルバイトからプロの家庭教師まで、様々な家庭教師の先生が所属しています。

家庭教師の先生ならばやはりプロの方がいいのか、というと、おそらくプロの方のほうが質は高いのでしょうが、大学生のアルバイトというのも、子供によっては、身近なお兄さんお姉さんのような存在に感じられ、勉強がはかどることがあるかもしれません。また、希望する大学が決まっている子供であれば、今まさにその大学に通っている先生と接する機会を設けることは、非常に刺激となるでしょう。
 どちらの会社も、ご家庭とのつきあいが発生するのは家庭教師の先生のみではなく、会社側からもきちんとしたフォロー体制があるようです。どちらの会社の担当の方も、直接家庭教師の先生に言いづらい、要望や意見などを吸い取ってくれる点では同じようですが、ここで特徴的なのは「家庭教師のトライ」の「教育プランナー」制度でしょうか。

「プロ家庭教師のプレステージ」のホームページを見ると、各家庭に一人ずつ家庭教師の先生とは別に「アドバイザー」と呼ばれる担当がつき、指導方法等についての相談に乗ってくださることが分かります。しかしながら、「家庭教師のトライ」の「教育プランナー」の方は、生徒さんの指導方法についての相談のみならず、ご家庭全体で、子供の勉強のためにどのような環境を作ればよいのか、家族としてどのような心構えであればいいのか、といったきめ細やかな点までフォローを行ってくれる模様です。

 子供の性格や学習への意欲のあり方によって、子供にあう先生というのも変わってくるでしょう。プロの家庭教師の先生がいいのか、大学生のアルバイトの先生のほうが合っているのか、ご家庭での判断はなかなか難しいかもしれません。そのあたりもふまえて家庭教師会社を選ぶのであれば、一度、「家庭教師のトライ」に相談してみるのもいいかもしれませんね。


nice!(0)  トラックバック(0) 
トライ以外の家庭教師 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。