So-net無料ブログ作成
検索選択

正しい学習習慣で勉強の効果を上げる! [家庭教師のトライの学習法]

夏休みも大半が過ぎ、そろそろ新学期が始まって受験の季節となり、緊張感が漂ってきましたね。
ほとんどのお子さまが高校受験で初めての受験を迎えるため、中学生になると平均学習時間は長くなります。

勉強時間と結果は比例しない


ある教育機関の調査では、家庭学習時間の平均は、小学5年生 81分、中学2年生 90分、高校2年生 70.5分と、やはり高校受験を控えた中学2年生の勉強時間の平均は最も長いようです。
しかし、勉強時間というのは長ければよいものでもありません。
クオリティの低い学習をしていても効果はなく、集中してクオリティの高い学習をすることができれば短時間でも学習効果は上がっていきます。
どうやって勉強したらいいかわからないままで、なんとなく勉強をしていては良い結果は残せないのです。

最も効果の出る学習法で勉強することが重要


トライに寄せられている子供たちからの評判の中には
「勉強のやり方がわかるようになった」
「最初は長い時間勉強するのは苦手だったけど、少しずつ勉強の癖がついた」
という声も多数寄せられています。

トライの先生は自分の担当する子の性格や特徴をしっかり分析し、個々に合った学習法を考えてくれるので、勉強方法も身につけやすく、それに伴って結果となる成績もアップしてくるので、どんどん勉強への意欲が湧いてきたとの口コミもあります。
ホームページで笑顔でガッツポーズをする子供たちを見ていると、「この笑顔が結果を物語っているんだな」とひしひしと感じることができます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。