So-net無料ブログ作成

家庭教師のトライが持つ受験情報 [家庭教師のトライのサービス]

7月も半ばに入り、まもなく夏休み。
受験生にとっては夏が勝負みたいなことを言われていますよね。

大学受験。
早慶、MARCH,日東駒専。在京の大学では入試難易度により
私立大学はそんな分け方があります。
将来やりたいことや目標などにより志望校を決めると思いますが、
自分の実力がどれくらいなのか、受験レベルに達しているのかは
大事なチェック項目になります。

そこで重要なのは模試。
模試を受けることで自分の現在の実力や苦手分野がわかり
この後向かっていく方向性なども見えてきます。

家庭教師のトライでも模試は行われているようです。
大手学習塾でも同様の模試は行われていますが、
トライの模試受験者数も14万人とかなりの規模。

その上トライの模試は自宅に居ながら受験することができ、
成績の分析や合否判定もちろん可能らしいです。

受講者数が多い家庭教師のトライの強みでもある部分ですよね。
家庭教師は個人的に行うものなので、受験情報が少ないと思われがちですが、
家庭教師のトライの規模になると大手学習塾に匹敵する情報量を保有していそうです。

やはり家庭教師を紹介してもらうのも
受験情報を保有している大手の家庭教師派遣会社は強いのかも知れません。



個人家庭教師と家庭教師派遣会社について [家庭教師の選び方]

家庭教師を選ぶときに迷う事の一つとして、個人家庭教師にお願いするか家庭教師派遣会社にお願いするかという点があると思います。

<個人家庭教師と家庭教師派遣会社の違いは?>
個人家庭教師とはインターネットで探したり知人の知り合いの息子さんなどに頼んで、個人契約で家庭教師をお願いするという形での契約のことを言います。
家庭教師派遣会社を通しての契約とは、家庭教師のトライ、家庭教師のノーバスなどに登録して、先生を紹介して頂くという形になります。
金額面では、個人契約ですとそれぞれのご家庭が先生と交渉して金額を決めることになります。
基本的には派遣会社に支払う金額が減るため、派遣会社を通すよりも安くすむ可能性が高くなります。
家庭教師派遣会社に登録した場合、どんな先生か(大学生なのかプロ家庭教師なのか)ということと目的(成績を上げるのか受験対策なのか)により金額は家庭教師派遣会社で決まっています。

<それぞれのメリットとデメリット>
個人家庭教師のメリットと言いますと、上記にも書きましたとおり金額面でのメリットが挙げられます。
ですが、例えば指導経験があまりない大学生にお願いした場合、学習指針がぶれてしまったり、熱意をもって指導をしてもらえないという懸念があります。また、知人に紹介してもらっていた場合、契約解除の意思を伝えることがなかなかできないという話を聞いたこともあります。

家庭教師派遣会社を通して契約した場合、金額面では個人契約よりも高くなる傾向にあります。ただし、その分家庭教師センターからのサポートを受けることができます。思うように成績が上がらなかった場合、指導方針を変えてもらうこともできますし、子供と先生の相性が合わなかったときは、先生の交代をお願いすることも容易にできます。(最近は無料で先生の交代をしてくれる会社が増えています。)
また、大手家庭教師センター(家庭教師のトライ、学研の家庭教師など)でしたら、インターネットで簡単に評判も検索できますので、安心感、信頼感がありますね。


結論としましては、個人家庭教師で指導経験が豊富な実績のある先生が近くにいらっしゃる場合には、交渉してみるとよいかもしれません。
どうしても成績を上げたい、どうしても志望校に合格したい、という強い思いがあるのでしたら、サポートの手厚い家庭教師派遣会社を選択するのが良いかと思います。

家庭教師のトライ<一人一人に合った学習法とは?> [家庭教師のトライの学習法]

<家庭教師のトライの性格診断とは>
塾や学校で一生懸命勉強しているのに、成績が上がらない・・・こんな話をよく耳にします。
親としては塾にも通わせているし、家でもきちんと勉強をしている、それなのになぜ成績が上がらないの?と不満に感じてしまうかもしれません。
上記のような成績が上がらない悪循環に陥っている場合、効率良く学習ができていない可能性があります。

家庭教師のトライでは、性格診断で子供の性格を9タイプに分けて、個々の性格に合った学習法を提案してくれます。
塾や学校では一人ないし二人の先生に大勢の生徒、という環境で学習します。先生は一人一人が理解したかどうかを確認することはせずに授業を進めていき、解らないところがある生徒は自主的に質問するという形になります。
このような学習形態は、自主的に行動できる子にはとても向いていますが、勉強が苦手で質問ができない子には不向きだと言えます。また、周囲に流されがちな子は友達とおしゃべりしてしまったり、勉強に積極的になれない子には向いていない環境と言えます。そのようなお子さまには家庭教師の方が向いています。
子供にとって大切なのは勉強する習慣をつけるということと、勉強が楽しいと思えるような環境を作ることが一番大切です。

また、トライにはトライ式学習法と言われる脳科学理論を応用した復習方法で、勉強した知識をしっかりと脳に記憶させる学習法があります。
これらを組み合わせることによって子供のやる気がアップし、結果的に効率の良い学習を行えるのではないでしょうか。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。