So-net無料ブログ作成
検索選択

医学部受験ってどんなの?トライで調べてみる [家庭教師のトライの評判]

息子も私もアレルギーです。

2人ともハウスダストアレルギーなので、1年中症状が出ます。

残念ながら、花粉症の時期になると、特に症状が重くなるので、耳鼻科に行って薬をもらわざるをえません。
くしゃみなどの症状が悪化する時期、前もって耳鼻科に行き、症状を抑える薬をもらいます。

しかしどこの耳鼻科も、いつ行っても、非常に人が多いので、とても疲れます。 花粉症シーズンの耳鼻科は本当に患者さんで、すし詰め状態です。

そんな中で息子と二人で診察を待っていると、いつも息子が、「医者になりたい‥」と、言い出します。

自分が耳鼻科の医者なら、自分で薬の処方ができるし、もう待合室でまたなくて済むのに…と言うのです。…その気持ち、良く分かります。

何しろ、アレルギーを抑える薬は いつも同じなのです。 もう何年も同じ耳鼻科に行っていますが、何回診察を受けても処方される薬はいつも同じアレルギー抑制薬です。

同じ薬をもらいに行くのに 何時間も待つのは 本当に嫌なものです。ですから、この前も耳鼻科の待合室で何時間も待っている時、息子が本気の声で、俺、耳鼻科の医者になろうか、と言っていました。

親としては、理由はどうあれ、本当に医者を目指してくれたら嬉しいです。
しかし、医者になるのは 難しいようです。昔から狭き門と言われています。

医者を志すなら、まず医学部に受からなくてはなりません。その医学部受験は、ある意味東大受験よりも難しく、さまざまな準備が必要なようです。

その準備とは、具体的になんだろう、と思い、ネットで見てみることにしました。

沢山ある中に、ハイジのCMで有名な家庭教師のトライもありました。
受験のプロである和田さん(と言う人がいるらしいです)が作った、「和田メソッド」とのコラボが人気の家庭教師のトライは口コミも料金面での効果もまずまずでした。

他にも医学部受験専門の予備校も多数あり、医学部専門では無い予備校や家庭教師グループも、医学部受験には力を入れているようです。医学部入学の難しさが伺えました。


息子には家庭教師のトライの資料や予備校の資料などをいろいろ見せてみようと思います。
本当にヤル気を出してくれたら良いな、と思います。


予備校や家庭教師、それぞれにメリット・デメリットがあるようなので、電話であらかじめ相談してみたり、予備校なら自習室を見学して、雰囲気を感じておくのも良いそうです。
そして体験授業などを積極的に活用して、息子にあった先生を見つけられるよう、親子で頑張ってみようと思います。


トライ式医学部の評判ってどう? [家庭教師のトライの評判]

今、我が家はちょっとバタバタしています。それは突然、娘が医学部に行きたい、と言い出したからです。

娘は、ただ今中学二年生。普通の学部ならまだまだこれからでも間に合うと思います。

ですが、医学部や東大、あるいは東京芸術大学のように特別な知識や技術が受験に必要になる大学などは、もっと早い時期から、準備をしないと間に合わない気がするのです。
(実際、大学受験のために予備校に通っている小学生の話を聞きました。凄いですね…。)

と言う訳で、急いで予備校など勉強する環境を整えてあげなければ、と思い、親である私の方が浮足立っている状態です。

それでいろいろ調べてみましたが、思った以上に医学部受験用の予備校や家庭教師グループが沢山あるのですね。

河合塾や家庭教師のトライなど、有名どころから、地元の小さな塾まで、様々な塾や予備校、あるいは家庭教師グループが、医学部受験用のコースを用意してくれていることをネットで知りました。

逆にこれだけ沢山あると悩んでしまいます。それで自分なりに、
どんなシステムなのか、実績はどれくらいあるのか、料金はいくらなのか
いろいろと考えてみました。

まず塾や予備校に行くなら、なるべく近くて、通いやすい所が良いと思いました。
まだ中学3年生なので、これから先が非常に長いです。長く通うことが、辛くないところが良いのでは、と思ったのです。

しかし、合格のことを考えたら、どんなに遠くてもやはり有名な先生がいる予備校が良いのだろうな、と思いました。
「何のために予備校や塾行くのか?」と考えたら、やはり凄い先生がいるところに、多少遠くても頑張っていくべきでは、と最終的に思ったのです。

しかし、何と言っても選ぶのは娘なので、私が予備校を進めても、「通うのが大変」と娘は言うかもしれません。
その時は家庭教師という手あるな、と思っています。家庭教師なら、家庭教師のトライが有名だな、と思うのですが、とにかく、本人が一番勉強しやすく、本人にあった勉強環境が1番だと思います。

本当は、1番自分にあった環境を見つけるためにも、
「予備校や家庭教師など、いろいろ試しに入ってみたら」
と言ってあげたいですが、どれも結構入学金が高いのです。

体験授業をしている所も多いので、体験を上手に使って、「良いな」と思えるところを見つけてもらおうと思っています。

そして、選択を間違わないためにも、予備校や家庭教師の口コミなどを見て、情報収集をしっかりしてあげよう、と思いました。

娘の夢が叶うように、私も頑張りたいと思います!


「勉強の仕方」(トライ式医学部の評判)

皆さんは「勉強の仕方」について考えたことがありますか?

例えば「さあ、これから自分が3年間しっかり勉強して、受験を受けるぞ」と言う状況だとします。そういった時、最初に何をするでしょうか?

私はとりあえず時間的な計画、タイムテーブル(時間割)を作成します。

まず、1日の時間割、そして1週間の計画、それから1ヶ月、 1年、そして3年間の計画を立てていきます。


「まず計画を立てる」といましたが
「計画を立てると、計画を立てたことに満足して勉強しない」
と言う人もいるようです。

いわゆる「計画倒れ」です。
そんな人は時間よりも量で考えた方が良いかもしれません。

受験までにこれくらいは勉強しないと無理だろうな、と言う「量」があると思います。
そして、その量を考慮に入れつつ「1日にこれ位しておけば安心だ」という量を毎日こなしてみると良いと思います。

しかし「合格に必要な量」というのは分かりにくいと思います。少しだけでもプロに指導してもらった方が、効率が良いと個人的には思います。そこは料金がかかったしても費用対効果は高いのでは。

勉強は方向性が大事です。自分に合わない、あるいは目的から離れた勉強方法は単なるタイムロスだと思います。


もっと深く考えるため、例えを更に難しくしてみます。
「3年後に医学部を受験する」と言うことにします。

医学部入学は狭き門で、医学部受験問題は「ふるい落とすための特殊問題」です。
医学部受験は受験の花形、と言ってはおかしいですが受験の登竜門であることは間違いありません。

それを何とか合格するためには?…一切無駄の無い勉強をし続けないと難しそうです。

やはりプロの勉強方法を参考にするのが一番だと思い、駿台の医学部受験のホームページに行ってみました。
駿台は「スランプの克服法」や「予習・復習の仕方」など、具体的に、解説したページがありました。

「スランプの克服法」など、まさしく長丁場の勉強には必要なことです。

他にも、予備校家庭教師のトライなどの家庭教師サイトにも、意外…と言うと失礼かも知れませんが、「勉強する際の心得」など、良いことを書いてありました。

良く考えたら、勉強の最高峰は大学受験
特に医学部受験ほその頂上ですから、勉強の心得などが一番必要です。勉強内容だけでなく、心を整えていく手助けも、現代の予備校や家庭教師はしているのです。

時間や量の計画、そして、それを貫く心を養う…。
そう言ったことを含めて「勉強の仕方」なのだと思いました。受験だけでなく、様々な場面で「勉強」は必要です。
改めて、「勉強の仕方」について考え、身につけておこう、と思いました。




トライさんって誰? [家庭教師の選び方]

"昔懐かしい「アルプスの少女ハイジ」のアニメーションを元にした「家庭教師のトライ」のテレビCMを見たことがあるという方も多いのではないかと思います。登場人物が、普段は絶対に口にしないようなセリフを言ったりするのでついつい目がいってしまいますし、非常にユニークで面白いCMですよね。


 さて、そのCMで、本来ならば「アルプスの少女ハイジ」には登場していない人物が一人紛れ込んでいることに、多くの方はお気づきかと思います。

そうです、青いスーツにメガネの「トライさん」と呼ばれている人物です。

この「トライさん」が、勉強のことで悩んでいるハイジやクララに、「家庭教師のトライ」について懸命にアピールするのが「家庭教師のトライ」のCMの主な流れになっています。
 それではこの「トライさん」とは一体何者なのでしょう?

 答えは「家庭教師のトライ」の公式ホームページにありました。「トライさんって誰?」というページをクリックすると、その正体について明かされています。

ずばり、「トライさん」とは、「家庭教師のトライ」が誇る「教育プランナー」の方だというわけなのです。
 では「教育プランナー」とは一体どういう役割の方なのでしょう? 

家庭教師の先生とは違う役割を持った方なのでしょうか? 
CMでは、ハイジやクララに「家庭教師のトライ」のアピールを繰り返している「トライさん」ですが、
現実でもまた、「家庭教師のトライ」の先生に教わる生徒さんたちの悩みに向き合ったり、
あるいは生徒さんにぴったりの学習プランを計画してくれたりと、
家庭教師の先生とは別の方向から、生徒さんの学力アップに対してアプローチをしてくれる、
頼もしい存在なのです。


 テレビCMで描かれている、遊びに夢中でなかなか勉強にやる気がでないハイジや、
自分ひとりの力では勉強に行き詰まりを感じてしまっているクララのような存在は、
決して架空のものではありません。

そうした問題を抱えて勉強に取り組めず、成績も落ち込んでしまっている子供は、
現実にたくさんいることでしょう。

「トライさん」こと「教育プランナー」の方は、そうした様々な子供たちに対し、
性格や環境を把握しながら、勉強に対するヤル気を引き出してくれたり、
効率のいい勉強方法を考えてくれたりする存在なのです。

また、ハイジのおじいさんのように、「なかなか勉強しない子供とどう向き合えばいいのだろう」と悩むご家族の方にも、「トライさん」こと「教育プランナー」の方は適切なアドバイスをくれるのです。
もちろん料金についても相談にのってくれます。

CMでは邪険にされている場面も目立つ「トライさん」ですが、実はとっても頼れる人だったのですね。


トライの教育理念 [家庭教師のトライの理念]

 「家庭教師のトライ」は、1987年の創業以来、
これまで全国で100万人以上もの生徒さんを指導してきた実績をもつ、
まさに家庭教師派遣会社のトップといえるにふさわしい存在です。

最近では、「大人の家庭教師」など、
子供勉強を見る以外の様々なサービスも開始していることが、
テレビCMなどを見ていると分かりますが、
その「教育」に特化したサービス展開の大元には、
どのような理念が存在するのでしょう。

 トライの教育理念でもある、大きなこだわりのひとつに
「1対1の個別教育にこだわる」ことがあります。
子供だ、生徒だとひとくくりにいっても実際には様々な個性や性格のある子供たちに対し、
画一的な指導方法をもって当たるのではなく、その子供の能力を伸ばすために、
個性に合った教育方法を提供することが、トライの理念の根本にあるようです。

 実際に、「家庭教師のトライ」では、
新しい生徒さんに対して先生を選ぶときに、
生徒さんの個性や性格を非常に重要視していることがうかがえます。

そのひとつが、「トライ式学習法」のうちのひとつ、「性格別学習法」です。
「家庭教師のトライ」では、心理学などの分野で用いられている
「エニアグラム」という適性テストを用いるとで、
9つのタイプから生徒さんの性格を分類し、その性格に合った指導法や、
相性の良い先生を探すことから指導がスタートしています。

こつこつものごとを続けるのが苦ではない性格の生徒さんや、
発想力やひらめきが豊かな性格の生徒さんでは、
それぞれヤル気を持って続けられる勉強方法も異なるでしょう。

また、苦手分野の克服をするにしても、同じ問題をこつこつ復習し続けるか、
ひらめきを刺激するような理論を用いた問題を出すか、
という方法の違いが存在するかもしれません。

 塾や学校で勉強が苦手になってしまい、他の生徒に後れを取ってしまう……
そんな子供たちの中には、塾や学校の勉強方法が性格に合っていないから、という子供が少なくない、
そうした部分に「家庭教師のトライ」は早くから気付いていたのでしょう。

1対1という特別な環境を用意することができる家庭教師という
システムだからこそできることがあり、
そしてそのシステムを活用することによって、
いままで見てもらえなかった個性の部分を大切にしてもらえる子供が増える

「家庭教師のトライ」の教育理念は、子供の価値観を尊重し、
「勉強ができるようになる」だけではない、
豊かな人間性を持った子供の成長を促すものであるということが、
強く感じられるものではないかと考えます。

しっかりした指導体制、それなりの料金を支払っても
効果があれば最高ですよね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。