So-net無料ブログ作成
検索選択

新サービス 「Try IT」の活用方法 [家庭教師のトライの学習法]

今回は、家庭教師のトライの新サービス「Try IT」の活用法や評判について調べてみました。

自宅で、電車で、バスで、有効活用!


Try ITなどの映像学習サービスは以前からありましたが、学校以外の学習の場はもっぱら塾や予備校でという人が多いと思います。
Try ITでは学校や塾などの場所に縛られず、学習できるという利点があります。
と言っても、電車やバスの中で数式を解くのは困難ですし、英語や国語の長文読解も数分間のバスに乗っている間に回答するのは難しいですよね。電車なんて乗り過ごしてしまいそうです。

では、どのように使ったら一番有効なんだろう?と思い調査してみたところ、「時と場所によって学習する科目を変える」ことが重要のようでした!
世界史、日本史など暗記科目は流して聞いているだけでも頭に入ってきますので、通学時を利用して学び、ノートをとる必要がある科目や複雑な計算を必要とする問題などは自宅でじっくりという形です。

また、映像学習の良いところは、「学校の勉強の予習復習で」、「塾や予備校の勉強のサポートとして」、「映像学習メインでこつこつと」など、色々なパターンの勉強法があるということです。
自分の性格や生活スタイルに合わせた使い方ができますので、自分のベストの使い方で成績アップを図ってみてくださいね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。